主宰者紹介

松村 暢隆(まつむら のぶたか)(関西大学名誉教授)

松村暢隆

1954年、奈良県生まれ。京都大学文学部卒業、京都大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士。
関西大学文学部教授を経て、2021年度より関西大学名誉教授。
専門は発達・教育発達心理学、才能教育、2E教育。
【主な著書】『アメリカの才能教育』、『本当の「才能」見つけて育てよう』、『才能と教育』(共著)、『認知的個性』(共編著)、『2E教育の理解と実践』(編著)など。[過去の著書紹介]
【主な訳書】『個性と才能をみつける総合学習モデル』(レンズーリ)、『MI:個性を生かす多重知能の理論』(ガードナー)、『思考スタイル』(スターンバーグ、共訳)など。

*個別のケースに関するご相談はお断りしています。私は相談業務には携わっておらず、助言はかえって危険な恐れもあるからです。
公的な依頼等は、こちらまでお寄せ下さい:
nobumat*kansai-u.ac.jp (*を半角アットマークに)